前へ
次へ

白いご飯を食べることが出来ない子供が増えている

白いご飯がうまく食べることが出来ないという子供が増えてきています。
白いご飯と言えば和食の代表的なものですが、今の子供たちにとってはそういう訳でもない可能性があります。
和食を食べること自体が減っていて、洋食メインの食事になっているということです。
洋食メインであっても、白いご飯が出されることがあればいいですが、そこで出されないならば、白いご飯を食べる機会が無いという可能性があります。
家庭の食事でご飯を食べる機会が無いのであれば、どこで食べるということになるのか疑問に思うのも無理はありません。
給食がある小中学校であれば、そこで白いご飯に接することになりますが、家庭で食べる機会が無いならば、給食で初めて接する可能性があります。
実際にどうやって食べるのかわからないという声を聞くほどです。
普段から白いご飯に接しているのであれば全然問題がありませんが、家庭で白いご飯を食べることが無いならば、米の需要は落ちる一方になるかもしれません。

Page Top