前へ
次へ

パンの耳はかりんとうにして美味しく食べています

サンドイッチが大好きなので頻繁に手作りして、昼食や夜食に食べています。
サンドイッチを作ると、どうしても食パンの耳が余ってしまうので、かりんとうを作って美味しく食べています。
フライパンにサラダ油を少量入れて中火で熱して、食パンの耳をきつね色になるまで揚げています。
そして、キッチンペーパーで油を拭き取ってから、砂糖をまぶして食べています。
フライパンを使えば少量のサラダ油でもしっかり揚げることができますし、油の処理も簡単に済ませることができます。
しかも、砂糖の量は自分で加減ができるので、好みに合ったかりんとうが完成します。
かりんとうを作るようになってからは、食パンの耳を無駄にしてしまうことがなくなったので、気軽にサンドイッチが作れるようになりした。
ちなみに、どうしても油で揚げる時間がないときは、フライパンにバターを熱してパンの耳を焼いてから砂糖をまぶして食べています。
どちらも美味しいので、今ではサンドイッチを作った後のお楽しみの一つになっています。

Page Top